宅配専門店「グリスタ」の「一騎当千を一“記”当千」⑲

どもども、柴やんです(^_^)/

「一騎当千を一“記”当千」その19です。

今回は『典韋』がどう可哀そうなのか書いていこうかと思います。

『典韋』の可哀そう① 「父親から性的虐待を受けていた」

実の父親か義理の父親かは忘れちゃったのですが、色々虐待を受けていました。詳しいことは原作読んでくださいねw

『典韋』の可哀そう② 「学校でいじめを受けていた」

父親から性的な虐待を受けていた事を知られていじめに。

裸にされて縦笛を突っ込まれるという描写があって、衝撃的でした^^;

『典韋』の可哀そう③ 「辛い境遇から助けてくれた人に利用される」

そう、ここで出てくるのが『司馬懿』なのです。

『典韋』は恩人たる『司馬懿』のために全てをささげて尽くすのですが、『司馬懿』はその思いを己の野望のために利用するのです。

まさに悪の魔女!素敵ですwww

では次回はまた『司馬懿』に戻りたいとおもいます。今回はこの辺で、またね~(^_^)/~

 

美少女フィギュア専門 宅配買取「グリスタ」では、「一騎当千」を高価買取しております!

前髪パッツンなゴスロリ薄幸美少女『典韋』を手放すのであれば、

是非美少女フィギュア宅配買取「グリスタ」にお売りください。

制服でもゴスロリでも、破けまくったwゴスロリでも、開封済みでも古い物でも、丁寧な査定で高額買取りいたします^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

同じカテゴリーの買取り情報